最新4点LED装備...ポルシェ『マカンEV』市販型デザイはこうなる! | Spyder7(スパイダーセブン)

最新4点LED装備...ポルシェ『マカンEV』市販型デザイはこうなる!

自動車 新車スクープ
ポルシェ マカンEV 予想CG
  • ポルシェ マカンEV 予想CG
  • ポルシェ マカンEV 予想CG
  • ポルシェ マカンEV 予想CG
  • ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ポルシェが現在開発を進める、エントリークロスオーバーSUV、『マカン』次期型EVの予想CGが制作された。

ポルシェは電動マカン次期型に関して、2019年2月に最初に言及し、約1年後の2022年末までに生産を開始すると発表した。しかし、ソフトウェアの問題から遅れが生じており、EVマカンの市場投入が2024年にリスケされた。

プロトタイプでは、後部にアクティブスポイラーを装備、ダミーのエキゾーストパイプを配置、テールゲートには幅の広いライトバーが隠れているはずだ。予想CGのフロントエンドでは、洗練された新設計の4点LEDヘッドライトが装備、大型コーナーエアインテークなどにより、先代よりアグレッシブな印象を与えている。また側面ではボディと同一平面にあるドアハンドルではなく、伝統的なドアハンドルが装備されている。

2024に登場するマカンEVは、アウディと共に設計している「PPE」プラットフォームを採用、100kWhのバッテリーパックに対応するように開発されており、使用可能容量は96~98kWhで、270kW以上の急速充電に対応する。また800Vの電気アーキテクチャのおかげで、バッテリーを5%から80%までを約25分で充電する。

ベースモデルの最高出力は603ps、最大トルクは1,000Nmを発揮するとみられ、「パフォーマンス リア アクスル」のおかげで、「セグメントで最もスポーティなモデル」と伝えられている。後部の電気モーターは、911の水平対向6気筒エンジンの配置を踏襲するために、車軸の後ろに取り付けられる。これにより、フロント48%、リア52%の重量配分が可能になり、トラクションが向上するという。

そのほか市販型では、不等長コントロールアー・フロントサスペンションの採用、マルチリンク・リアセットアップ、および最大22インチホイールの提供が確定している。また快適性と効率を向上させる2バルブダンパーが装備、リアに取り付けられた電子ロック式ディファレンシャルとともに、最大5度の後輪操舵が確認されている。さらに、ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント(PASM)システムでは、スチール サスペンションとエア サスペンションの両方が提供される。

マカンEVのワールドプレミアは2024年内で、ガソリン燃料バージョンは、ポルシェがPPEベースの電気モデルを独占的に提供する前に、数年間販売される予定となっている。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top