高級ミニバンの次の一手は自律運転EVロボタクシーだ!「ジーカー」のプロトタイプをスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

高級ミニバンの次の一手は自律運転EVロボタクシーだ!「ジーカー」のプロトタイプをスクープ

自動車 新車スクープ
ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジーカー ロボタクシーのプロトタイプ(スクープ写真)

中国ジーリー(吉利汽車)の高級EVブランド「Zeekr」(ジーカー)が開発を進める、完全自律型ロボタクシーの最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

ジーリーは2021年3月に中国のプレミアムEVカテゴリーでテスラなどと競争するためのスタンドアロンブランドとして、ジーカーを設立。昨年末には、Googleの自動運転車プロジェクトからスピンアウトした、自動運転開発のWaymoが、ジーカーが製造する次世代EVロボタクシーのコンセプトを公開している。

このEVロボタクシーは、Waymoの自動配車サービスである「Waymo One」向けに特別に設計されている。Waymo Oneは米国の主要都市で間もなく開始される予定となっており、UberやLyftと競合することになると見られている。

手書きで書かれた「009」という文字から判断すると、3月にスウェーデンでテストを行っていたのと同じプロトタイプである可能性が高い。主な違いは、新たにいくつかの機器を屋根に固定していることだ。

コンセプトモデルでは、フロントタッチスクリーンが中央に取り付けられ、ハンドルのないインテリアとなっていたが、プロトタイプでは、中央にステアリングホイールを備えていることが確認できる。ただし、ステアリングホイールは、自動運転機能の開発中のみに存在する安全装置という可能性がある。乗用バージョンの可能性も捨てきれない。

最近ジーカーは、デュアルモーターシステムにより最高出力536ps、0-100km/h加速4.5秒を発揮する高級EVミニバン『009』を発表している。このプロトタイプに書かれた「009」が何を意味しているのか、興味深い。

「009」のサインは何を意味するのか? 高級EVブランド「ジーカー」プロトタイプの正体は

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top