際立つコーナーベント装備...アウディEVクロスオーバー Q6 e-tron、強化モデル「RS」をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

際立つコーナーベント装備...アウディEVクロスオーバー Q6 e-tron、強化モデル「RS」をスクープ!

自動車 新車スクープ
アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真

アウディは現在、新型EVクロスオーバーSUV『Q6 e-tron』を開発中だが、その強化モデルとなる『RS Q6 e-tron』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュル付近で捉えた開発車両は、シルバーをホイールを装着しており、一見ベースモデルかと思ったが、その奥には赤いブレーキキャリパーを確認、タイヤの厚みもあるほか、際立つコーナーベントの一部が初めて鮮明に見てとれるため、「RS」と判断していいだろう。

そのほかフロントエンドでは、上下二段のスプリットヘッドライトを装備、閉じられたグリルが確認できる。グリルの輪郭はアウディ内燃機関モデルと同じ輪郭だが、より頑丈に仕上げられている。また後部では、エレクトリックモデルのため排気口は存在しない。

市販型ではポルシェと共同開発したプレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(PPE)アーキテクチャを採用、同プラットフォームを採用するマカンEVとは兄弟モデルとなる。当然EVパワートレインも共有、Q6 e-tronにはA6 e-tronコンセプト同じシングル、または2つの電気モーターから最高出力476psを発揮するが、RSでは同じマカンEVと同レベルの最高出力600psが期待できるほか、ブーストにより2.5秒間最大646psまで向上させることが可能だ。

またQ6 e-tronには100 kWhのバッテリーパックが標準装備されると予想されるが、RSの場合、おそらくより大きなバッテリーバックを提供するはずだ。また、RSには強化されたサスペンション、軽量化されたホイール、グリップ力の高いタイヤが搭載されるほか、回生ブレーキが利用可能となる。

Q6 e-tronのワールドプレミアは、2023年前半と予想されており、RSはその数カ月後、遅れれば2024年初頭となるだろう。さらにRSの下に位置する「S」モデルも開発中と噂される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top