ヴィーズマン「世界初のEVコンバーチブルロードスター」予約スタート...航続は500km | Spyder7(スパイダーセブン)

ヴィーズマン「世界初のEVコンバーチブルロードスター」予約スタート...航続は500km

自動車 ニューモデル
ヴィーズマンの「プロジェクト・サンダーボール」
  • ヴィーズマンの「プロジェクト・サンダーボール」
  • ヴィーズマンの「プロジェクト・サンダーボール」
  • ヴィーズマンの「プロジェクト・サンダーボール」
  • ヴィーズマンの「プロジェクト・サンダーボール」

ドイツのヴィーズマン(Wiesmann)社は11月22日、新型EVロードスターの予約を欧州で開始した。価格は30万ユーロ(約4380万円)。1回の充電での航続は、最大500kmになる予定だ。「世界初のEVコンバーチブルロードスター」を標榜している。

ヴィーズマンは1988年、ドイツのデュレムに設立された。マーチンとフリードヘルムのヴィーズマン兄弟が、BMW製エンジンを積み、量産車とは一線を画すスポーツカーをハンドメイドで生産してきた。しかし2013年8月、ヴィーズマンは資金繰りの悪化により、ドイツ・ミュンスターの裁判所に破産を申請した。その後、2018年に新たなオーナーの元で経営を建て直し、ヴィーズマンが復活を果たした。

ヴィーズマンは、新型EVロードスターの欧州予約を開始した。このEVロードスターは、「プロジェクト・サンダーボール」と命名。リアに搭載されるツインモーターは、最大出力680hp、最大トルク112.2kgmを発生。強力なモーターによって後輪を駆動し、0~100km/h加速2.9秒の性能を可能にしている。また、蓄電容量92kWhのバッテリーを搭載し、1回の充電での航続は最大500kmになる予定だ。

「世界初のEVコンバーチブルロードスター」標榜、航続は500km…ヴィーズマン

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top