トヨタRAV4への刺客...クプラ『テラマール』市販型、アウディQ3に身を包み出現! | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタRAV4への刺客...クプラ『テラマール』市販型、アウディQ3に身を包み出現!

自動車 新車スクープ
クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ テラマール 市販型プロトタイプ スクープ写真

スペインを拠点とするクプラは、6月に新型の電動クロスオーバーSUV『Terramar』(テラマール)発表したが、その市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

市販型では、VWグループ「MQB」ベースのアウディ「Q3」とアーキテクチャーを共有した兄弟モデルとなるため、アルプスで捉えたプロトタイプは、アウディQ3のボディをかぶったテストミュールだ。

ただし、フロントエンドはクプラブランド専用のコンポーネントがいくつか備わっている。バンパー形状は他のクプラモデルを彷彿させ、後付されている様子がうかがえる。また市販型ではグリルレスなノーズ、シャープなエアインテーク、三角形のLEDデイタイムランニングライトが装着される。

燃焼エンジンを搭載した最後のクプラになると予想されるパワートレインは、マイルドハイブリッド、およびプラグインハイブリッドパワートレインが提供され、後者は1回の充電で最大62マイル(100 km)の航続距離を持つと推定される。パワートレインのスペック詳細は明らかにされていないが、最高出力は270ps程度と予想されている。

テラマールは開発初期段階とみられることから、正式デビューまでおそらく1年ほどかかるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top