フェラーリならこうデザインする? 流行の兆し「ハイライディング スーパーカー」を大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

フェラーリならこうデザインする? 流行の兆し「ハイライディング スーパーカー」を大予想

自動車 新車スクープ
フェラーリ ダカールクロスエディション 予想CG
  • フェラーリ ダカールクロスエディション 予想CG
  • フェラーリ SF90 VS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ SF90 VS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ SF90 VS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ SF90 VS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ SF90 VS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ SF90 VS 市販型プロトタイプ スクープ写真

フェラーリは現在、初のプラグインハイブリッドモデル『SF90』に設定される最強モデル『SF90 VS』(バージョン スペチャーレ)を開発中だが、SF90のハイライディングバージョンを大予想した。

ハイライディング/オフロードスーパーカーといえば、11月20日、ロサンゼルスモーターショーにてポルシェが『ダカール』を正式発表、12月1日にはランボルギーニが『ステラート』を公開するなど流行の兆しを見せるセグメントだ。

インスタグラマーの@idlar_project氏に協力を得た予想CGは、『SF90』をベースに制作、『ダカールクロスエディション』と名付けられた。最も注目すべき変更点は、やはりサスペンションリフトアップされた最低地上高だろう。

またルーフにはラックを装着、全地形対応スペアタイヤが取り付けられている。そのほか、ボディ保護を強化するために黒いホイールアーチクラッディングと、より頑丈なサイドスカートも見てとれる。さらにフロントバンパーには黄色いLEDライトを追加しオフロード感を演出しつつも、黒いフードとフロントスプリッターでスポーティーさも忘れない見事な仕上がりだ。

最高出力1,000ps、最大トルク800Nmをハイブリッドパワートレインから得るこの架空のフェラーリオフローダーだが、タイヤ保護のために最高速度340km/hは制限される可能性があるだろう。いずれにしても実現すれば、既存のポルシェやランボルギーニよりかなり多くの利益を上げる可能性を秘めているモデルと言えるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top