コルベットがサブブランド立ち上げへ...2025年に4ドアクーペ&高性能クロスオーバー計画 | Spyder7(スパイダーセブン)

コルベットがサブブランド立ち上げへ...2025年に4ドアクーペ&高性能クロスオーバー計画

自動車 新車スクープ
シボレー コルベット SUV ティザーイメージ
  • シボレー コルベット SUV ティザーイメージ
  • シボレー コルベット SUV ティザーイメージ
  • シボレー コルベット

シボレーは、C8を発売した後、複数のモデルを持つ本格的サブブランドを展開すると噂されていたが、具体的な最新情報が入ってきた。

「Car and Driver」誌によると、すでにプロジェクトは始まっており、2025年にサブブランドを立ち上げ、コルベットのバッジがついた2つの電動モデルを市場に投入するという。1台は「4ドアのリフトバッククーペ」、もう1台は高性能クロスオーバーと見られている。

これらのモデルは超効率的なインバーター、四輪操舵、小型化されたコンポーネント、その他の優れた機能など、ハイエンドのソフトウェアとハ​​ードウェアを備えており、他のEVとは一線を画するという。また最大 350 キロワットの充電能力を備えた 800 ボルトの電気システム、高密度バッテリー、2 速トランスミッション、ブレーキ バイ ワイヤ、トルクベクタリング、および特許取得済みの冷却システムの搭載も目指しているようだ。

実は2019年には、前GM副会長ボブ・ラッツ氏が、「コルベットはミッドシップ化ではなくSUVにした方がいい」という発言をしており、当時は単なるジョークと取られていたが、水面下で計画が進められていた可能性もありそうだ。

米国では、フォードがマスタングブランドで4ドアのマッハEクロスオーバーを発売し、ある程度の成功を収めているほか、日本ではトヨタ クラウンがクロスオーバースタイルに進化するなど、ビッグネームを利用し、人気のボディスタイルで発売する傾向が見られている。果たしてシボレーがどんな展開を見せるか要注目だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top