メルセデスベンツ次世代カブリオレ『CLE』、最終デザインはSL風!? | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ次世代カブリオレ『CLE』、最終デザインはSL風!?

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ  CLE カブリオレ 市販型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツが開発を進めている次世代オープンモデル『CLE』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

メルセデスベンツは現在、ラインアップの簡素化を図っており、「Cクラス」、及び「Eクラス」のクーペ/カブリオレの合計4台に代わる「CLE」クラスの導入を目指している

捉えたプロトタイプは、コンバーチブルバージョンであり、これまででもっともカモフラージュが削ぎ落とされている。ヘッドライト形状、バンパーエアインテークなどCクラスとは異なり「SL」と似たデザインが見られるが、純粋なパフォーマンスよりも快適性に重点が置かれているため、SLほどアグレッシブとはならないはずだ。

またルーフラインは傾斜し、リトラクタブルソフトトップも確認できる。リアエンドでは、カップ型のグラフィックを持つLEDテールライトが見てとれるほか、リアウィンドウの下にはサードライトバーが配置されている。

キャビン内では、3本スポークの多機能ステアリングホイールを装備、その奥には、ワイドなデジタルインストルメントクラスターがあり、現行『Cクラス』と同様のレイアウトが確認できる。インフォテインメントスクリーンは縦長のレイアウトで、センタースタックに角度を付けて配置されている。この画像は、先日捉えたクーペバージョンの車内の様子だが、カブリオレもレイアウトを共有するはずだ。

市販型では、Cクラスと同じ「MRA-2」プラットフォームを採用。これにより、両モデルで同じパワートレインを共有できる。おそらく、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、頂点には電動化された2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー搭載のAMG『CLE 63』も導入されることが濃厚だ。

CLEのワールドプレミアは、2022年内と予想されているが、カブリオレが同時発表かは不明で、今後派生ワゴンとなるシューティングブレークの登場も噂されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top