プロダクションライト完全装着...アウディA6電気版、『A6 e-tron』が豪雪出現! | Spyder7(スパイダーセブン)

プロダクションライト完全装着...アウディA6電気版、『A6 e-tron』が豪雪出現!

自動車 新車スクープ
アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)

2022―2023冬季テストシーズンがスタートし、多くの自動車メーカーは現在、ヨーロッパ北部に開発チームを送り込み始めている。そんな中、豪雪のスカンジナビアに現れたのはアウディが開発を進める新型EVサルーン『A6 e-tron』のプロトタイプだ。

スクープサイト「Spyder7」がとらえた最新のA6 e-tronプロトタイプは、4つのコーナーに初めて市販型のライトが装着されている。フロントには現在流行りの上下2段のスプリットヘッドライトを装備しているのが特徴だ。上部セクションはLEDデイタイムランニングライトとターンシグナルとして機能し、下部セクションはメインビームになっているとみられる。また中央のシングルフレームグリルは密閉されたタイプで、下部バンパーには台形の小さな開口部が確認できる。ボディスタイルはテスラ『モデル3』のように、セダンというよりハッチバックやクロスオーバーと呼ぶ方が近い。

リアエンドでは、はじめて市販型のLEDテールライトが組み込まれており、昨年コンセプトでプレビューされたのと同じデザインが見てとれる。一方側面では、コンセプトとは異なり従来のドアハンドルとミラーを使用している。アウディはすでに他のモデルでデジタルアウターミラーを採用しており、A6 e-tronのハイグレードモデルに設定される可能性もある。

市販型では、ポルシェと共同開発したPPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)アーキテクチャを採用。最大350kWの充電速度を可能にする800Vテクノロジーを特徴とするこのプラットフォームは、エアサスペンション、全輪操舵、トルクベクタリングもサポートする。ただしベースモデルに採用されるかは不明だ。

気になるスペックだが、ハイグレードモデルでは、コンセプトと同レベルの最高出力476ps、最大トルク800Nmを発揮するデュアルモーターの搭載が予想される。この場合、停止状態から4.0秒未満で時速62マイル(100km/h)に達することができることになる。

セダン?クロスオーバー?アウディの新型EV『A6 e-tron』が豪雪のスカンジナビアに出現

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top