高性能「GTX」も待機...VW小さな高級EV『ID.3』改良新型、內部12インチディスプレイでより高品質に | Spyder7(スパイダーセブン)

高性能「GTX」も待機...VW小さな高級EV『ID.3』改良新型、內部12インチディスプレイでより高品質に

自動車 新車スクープ
VW  ID.3, 改良新型 ティザーイメージ
  • VW  ID.3, 改良新型 ティザーイメージ
  • VW  ID.3, 改良新型 ティザーイメージ
  • VW  ID.3, 改良新型 ティザーイメージ
  • VW  ID.3, 改良新型 ティザーイメージ
  • VW  ID.3, 改良新型 ティザーイメージ
  • VW  ID.3, 改良新型 ティザーイメージ
  • VW  ID.3, 改良新型 ティザーイメージ

VWは、コンパクトエレクトリックモデル『ID.3』の改良新型を2023年春に発表することをアナウンスするともに、そのティザースケッチを初公開した。

ID.3は、電動化に特化する「ID.」ブランド第一弾として2020年に発売、VWは、この改良新型は第2世代になると表現している。

公開されたティザースケッチでは、フロントバンパーがよりスポーティーになり、テールライトのLEDグラフィックも刷新されている様子がうかがえる。

最大の変更は、ゲーム強化を約束しているキャビン内だろう。タッチスクリーンのサイズは現行の対角10インチから12インチに拡大され、センターコンソールはカップホルダーを2つ収容できるように新設計される。後部では、取り外し可能なコンパートメントフロアがEVの実用性を高めるという。

またソフトウェアを微調整、無線によるアップデートは、機能をさらに改善、インフォテインメント性能の向上と、アシストシステムのアップグレードが予定されている。公式リリースでは、「顧客の声に耳を傾け、彼らの提案の多くを実装した」と発表されている。

受注残が多いため、ID.3改良新型の出荷は来年の第4四半期まで開始されないが、2023年後半には高性能「GTX」の設定も濃厚となっている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top