フェラーリ伝説の『テスタロッサ』をオマージュ...サイドストレーキを継承 | Spyder7(スパイダーセブン)

フェラーリ伝説の『テスタロッサ』をオマージュ...サイドストレーキを継承

自動車 新車スクープ
現代版 フェラーリ テスタロッサ 予想 CG
  • 現代版 フェラーリ テスタロッサ 予想 CG
  • 現代版 フェラーリ テスタロッサ 予想 CG
  • 現代版 フェラーリ テスタロッサ 予想 CG

フェラーリ伝説の『テスタロッサ』をオマージュ...サイドストレーキを継承

フェラーリの名車、『テスタロッサ』をオマージュした現代バージョン予想CGを入手した。

テスタロッサは、1984年から1992年まで製造されたスーパーカーで、エンジンのカムカバーが赤く塗られているところから、イタリア語で「赤い頭」を意味する「テスタロッサ」と名付けられた。パワートレインは、5.0リットルV型12気筒エンジンを搭載、最高出力は390psを発揮した。

予想CGを提供してくれたのはインスタグラマーのAndras.s.veres氏だ。フェラーリにおいて最もアイコニックと言えるのがテスタロッサだ。ランボルギーニは『カウンタック』を現代に復活させたが、フェラーリが最も記憶に残る車両へのオマージュを発表するなら、この伝説のスーパーカーがそれになる可能性を秘めている。

CGは、特徴的なサイドストレーキとリアベントを継承しつつ、より最新のボディに仕上げている。またフロントにはサメのような黒いグリルを装備、その両端にはフォグランプとLEDデイタイムランニングライトを確認、メインヘッドライトは開いてスライドする小さなカバーの下に配置されているのがわかる。

側面では、現在のフェラーリ モデルとは異なり、オリジナルと同様にAピラーの比較的高い位置にサイドミラーが取り付けられている。後部では、オリジナルテスタロッサや、新しい限定生産「SP3デイトナ」からインスピレーションを得たワイドテールライトを装備しているが、內部はY字が連続するLEDグラフィックに刷新されている。

果たしてテスタロッサは現代に蘇るのか、期待しよう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top