ハマーEV対抗...中国から1,000馬力のクワッドモーターSUV『M-テレイン』発売へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ハマーEV対抗...中国から1,000馬力のクワッドモーターSUV『M-テレイン』発売へ!

自動車 新車スクープ
Mengshi M-Terrain 市販型プロトタイプ
  • Mengshi M-Terrain 市販型プロトタイプ
  • Mengshi M-Terrain 市販型プロトタイプ
  • Mengshi M-Terrain 市販型プロトタイプ

中国「東風汽車」が展開する高級ブランド「Mengshi」が発売を計画している新型エレクトリッククロスオーバーSUV、『M-Terrain』(エム-テレイン)市販型プロトタイプが公開された。

M-テレインは、2022年8月に四川省で行われた「成都国際モーターショー2022」で公開された電動クロスオーバーSUVコンセプトだ。その厳つさから注目を集めたが、最小回転半径は5.1メートルとコンパクトカー並の数値で実用性も高い。

2ドアモデルと5ドアモデルが公開されたが、プロトタイプは実用性の高い5ドアであることがわかる。またフロントエンドには、コンセプトモデルに似た十字のLEDを装備、市販型では、ブランドの「MORA」プラットホームを採用、際立つキャラクターライン、角張ったエッジが見てとれる。キャビン内では、フラットボトムステアリングホイールを装備、中央の大型インフォテイメントディスプレイを配置、デジタルインストルメントクラスターも搭載される。

中国カーメディア「Car News China」は、このM-テレインがフルエレクトリックと、レンジエクステンダーバージョンを提供すると見ている。エレクトリックでは、140kWhのバッテリーパックを搭載し、4つの電気モーターを駆動して合計 1,000 馬力を発揮、1 回の充電で500km (310 マイル) の走行が可能なほか、3 つの電子制御ロッキング ディファレンシャルも備えているという。一方レンジエクステンダーバージョンは、小型の65.88 kWhのバッテリーパックを搭載し、レンジエクステンダーとして機能する小型エンジンと800 km (497 マイル)の航続距離を実現する。

市販型のワールドプレミアは2023年内で、まずは5ドアモデルが先陣を切るが、反響次第で2ドアスポーツモデルも発売される可能性がありそうで、市場ではGMCハマーEVと対峙することになるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top