新開発の電動ロータリーエンジン搭載!マツダ『MX-30』、エンブレムを先行公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

新開発の電動ロータリーエンジン搭載!マツダ『MX-30』、エンブレムを先行公開

自動車 新車スクープ
マツダ MX-30
  • マツダ MX-30
  • マツダ MX-30
  • マツダ MX-30
  • マツダ MX-30
  • マツダ MX-30
  • マツダ MX-30
  • マツダ MX-30
  • マツダ MX-30

マツダは、コンパクトクロスオーバーSUV『MX-30 PHEV』を、1月13日にベルギーで開催予定の「ブリュッセルモーターショー」で初公開することを発表すると同時に、エンブレムと思われるティザーイメージを公開した。

エンジンの排気量やシステムの詳細は明かされていないが、2020年11月には、2022年以降に、独自技術を採用したロータリーエンジンを使用する、電動化技術を導入することを発表している。今回発表されるMX-30には、走行中にバッテリーを再充電するためのレンジエクステンダーEVとして、ロータリーエンジンが搭載されると予想される。

現在のMX-30は、35.5kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は200kmだが、この新開発ロータリーエンジンにより、航続距離は400km程度まで大幅に向上することが期待されている。

マツダのロータリーエンジンといえば、1960年代の名車『コスモ』からはじまり、最終的には2012年に生産終了した「RX-8」以来11年振りの復活となる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top