BMW X4後継モデルを担うのか...大ヒットクロスオーバーX2次期型、フルEVバージョンはデュアルモーター全輪駆動採用 | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW X4後継モデルを担うのか...大ヒットクロスオーバーX2次期型、フルEVバージョンはデュアルモーター全輪駆動採用

自動車 新車スクープ
BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 プロトタイプ(スクープ写真)

BMW『X2』のBEV版、『iX2』の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」が捉えた。

電動化に特化したBMWの「i」ブランドは、2020年に『X3』のEV版となる『iX3』を発表。その後『iX』を導入し、今年始めには『X1』のEV版『iX1』がワールドプレミアされている。続々ラインアップを拡大する中、iX2はブランド初のフルエレクトリッククーペSUVとして誕生することになる。

豪雪のスウェーデン北部にあるBMWのテストトラックで捉えたプロトタイプは、ダミーコンポーネントを多様し、フルカモフラージュされている。しかし完全に閉じられたグリルを装備し、ドアには「Electrified Vehicle」のステッカーを貼り、リアバンパーにエキゾーストパイプが見当たらないことから、このプロトタイプがICE(内燃機関)ではないことがわかる。

ライバルのメルセデスベンツは、EVとICE(内燃機関)それぞれに専用のプラットフォームを採用するが、BMWでは共通の設計特性を持つ「FAAR」スケーラブルアーキテクチャーを採用している。

エクステリアはICEの次期型X2と同様、先代以上にクーペらしさを強調したルーフを採用するのが特徴となる。よりスポーティさを増すとともに、ボディが拡大される可能性がある。実は兄貴分のクーペSUV『X4』が終焉とも噂されており、後継モデルの役割も担う可能性があるというのだ。

キャビン内では、10.25インチのデジタルインストルメントクラスターと、10.7インチのインフォテインメントシステムで構成される曲面ディスプレイが確認できる。「iDrive8」システムの搭載など、他のBMWモデルのトレンドに従うと予想される。

ベースとなる次期型X2は、最高出力241ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを『X1』と共有。一方iX2は、シングルモーターの「eDrive20」(FWD)とデュアルモーターの「xDrive30」(AWD)という2つのパワートレインを提供するとみられる。

iX2のワールドプレミアは、2023年半ばと予想される。

「X4」終焉で後継モデルに!? BMW初の電動クーペSUV『iX2』最新プロトを激写

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top