ロードスターから最新技術流用...マツダ『CX-90』、ブランド史上最高のSUVになる | Spyder7(スパイダーセブン)

ロードスターから最新技術流用...マツダ『CX-90』、ブランド史上最高のSUVになる

自動車 新車スクープ
マツダ CX-90 ティザーイメージ
  • マツダ CX-90 ティザーイメージ
  • マツダ CX-90 ティザーイメージ
  • マツダ CX-90 ティザーイメージ
  • マツダ CX-90 ティザーイメージ
  • マツダ CX-90 ティザーイメージ
  • マツダ CX-90 ティザーイメージ
  • マツダ CX-90 ティザーイメージ
  • マツダ CX-90 ティザーイメージ

マツダは現在、新型の3列7人乗りクロスオーバーSUV『CX-90』を開発しているが、その最新ティザームービーを公開した。

ゼロから構築された次世代フラッグシップSUV「CX-90」は、大型でありながら、スポーツカーのようなドライブトレインレイアウトとパフォーマンスを持つ。具体的に言えば、新世代のリアデバイス全輪駆動レイアウトと、マツダが世界に誇るスポーツカー「MX-5」(日本名:ロードスター)で初めて導入された「KPC」(キネマティック・ポスチャー・コントロール)が全グレードに標準装備される。これにより、大型SUVにしてスポーツカーのようなドライビング・ダイナミクスが体験できるのだ。

そして最大の注目はそのパワートレインで、「マツダ史上で最もパワフルなエンジン」と語られる3.3リットル直列6気筒ターボ「e-SKYACTIV」エンジンを搭載、最高出力340ps、最大トルク500Nmを発揮する。

同ブランドのパワートレイン・パフォーマンスマネージャーであるジェイ・チェン氏は、「直列6気筒を中心にすべてを新設計する必要がありました。そのためトランスミッションを再設計し、トルクコンバーターなどすべてをコンパクトに、フロントエリアのステアリングアングルは大きくなり、より適切なスポーツカーサスペンションを実現しました」と語っている。

スポーツカーのようなハンドリングに、ブランド史上最強のエンジンを搭載する「CX-90」は、間違いなくマツダ史上最高のクロスオーバーSUVとなるだろう。

CX-90のワールドプレミアは、1月31日に計画されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top