認証用の指紋センサー搭載!? メルセデスベンツ電動GLAこと『EQA』改良新型、ディテールを鮮明に撮影 | Spyder7(スパイダーセブン)

認証用の指紋センサー搭載!? メルセデスベンツ電動GLAこと『EQA』改良新型、ディテールを鮮明に撮影

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツのコンパクト電動SUV『EQA』が、2023年内にも改良を迎えるという。現行型EQAは、2年前の2021年に発売されたばかり。果たしてどのような進化を遂げるのか。「Spyder7」がスクープした最新プロトタイプから、その姿にせまる。

メルセデスベンツは現在、電動クロスオーバーSUV『EQA』改良新型をテストしているが、その最新プロトタイプを鮮明にカメラが捉えた。

現行型EQAは、2年前の2021年に発売されたばかりのコンパクト電動SUVだ。内燃機関を搭載する人気コンパクトSUV『GLA』をベースとしているが、グリルと一体化したような滑らかなデザインの専用ヘッドライト、リアエンドでは、トランクリッドに沿って走る水平のLEDライトストリップを装備するなどデザインでも差別化が図られている。

厳冬のフィンランドで白昼捉えたプロトタイプは、ディティールまで把握できるほど鮮明だ。ボディ前後にカモフラージュが残っているが、現行型に比べノーズがより滑らかに見えるほか、下部エアインテークがワイド化されている。またヘッドライトは一見同じに見えるが、よく見ると内部グラフィックが変更されていることに気づく。

リアエンドでは、LEDテールライトのグラフィックを刷新、バックライトが再配置されているようだ。またバンパー両サイドにあった垂直のセクションが消えているが、偽装パネルの下に隠している可能性もある。

インテリアは、フェイスリフトされた『Aクラス』の足跡をたどり、タッチパッドコントローラーを廃し、合理化されたセンターコンソールを含むいくつかのアップデートがなされるはずだ。新設計のステアリングホイール、刷新された装飾品やトリムを装備。また最新世代のMBUXインフォテイメントシステムや、認証用の指紋センサーが装備される可能性もあるという。

パワートレインだが、EQA導入からわずか3年足らずということもあり、最高出力190psを発揮する電気モーターと、66.5kWhバッテリーパックを積む「250」、70.5kWhのバッテリーを積む「250+」、最高出力228psを発揮する「300 4MATIC」、292psを発揮する「350 4MATIC」がキャリーオーバーされる見込みだ。

EQA改良新型のデビューは最速で2023年内と予想される。

指紋センサー搭載か? メルセデスベンツ『EQA』早くも改良へ、何が変わる?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top