セダンとクロスオーバーの限界線に挑む...アウディ『アクティブソフィア』、1月26日デビューへ! | Spyder7(スパイダーセブン)

セダンとクロスオーバーの限界線に挑む...アウディ『アクティブソフィア』、1月26日デビューへ!

自動車 新車スクープ
アウディ アクティブソフィア ティザーイメージ
  • アウディ アクティブソフィア ティザーイメージ
  • アウディ アクティブソフィア ティザーイメージ
  • アウディ アクティブソフィア ティザーイメージ
  • アウディ アクティブソフィア ティザーイメージ
  • アウディ アクティブソフィア ティザーイメージ

アウディは現在、次世代クロスオーバー『アクティブソフィア』を計画しているが、そのワールドプレミアが1月26日に決定した。

アクティブソフィアは、スタイリッシュなロードスター「スカイスフィア」、スーサイドドアを備える印象的セダン「グランドスフィア」、「ローリング ラウンジまたはモバイル オフィス」として機能する電動 MPV「アーバンスフィア」に続く「sphere」(ソフィア)4番目のコンセプトとなり、同社では、「並外れたエレガンスと印象的なパフォーマンス、没入型の先駆的な機能」を兼ね備えていると語っている。

最新ティザーイメージでは、セダンとクロスオーバーの限界線を曖昧にしたデザインが示唆されている。また極薄の窪んだヘッドライト、切り詰められたボンネットフードを装備、リアエンドでは、スリムなテールライトを装備、全体を見ると曲線的なボディワーク、高い地上高も確認できる。

新型コンセプトのティザーキャンペーンは、昨年8月から行われており、電動で自動運転が可能になるよう設計されていると同社は述べている。また「究極の自由を提供し、スキーからウォータースポーツまでの野心的なアウトドアアドベンチャーに最適なコンパニオンです」と付け加えられている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top