MINIなのに円形「じゃない」ヘッドライト...巨大化されるクロスオーバー次期型、BMW X1とより密接に | Spyder7(スパイダーセブン)

MINIなのに円形「じゃない」ヘッドライト...巨大化されるクロスオーバー次期型、BMW X1とより密接に

自動車 新車スクープ
MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

MINI『クロスオーバー』(海外名:カントリーマン)の次期型を初めてスクープしてから数か月が経過した。2023年内にも登場するという次期型、その最新プロトタイプからは最終形が見えつつある。スクープサイト「Spyder7」がレポートする。

豪雪のスカンジナビアを爆走するプロトタイプ。カモフラージュがかなり削ぎ落とされたフロントエンドからは、丸みが取れた新デザインの生産型ヘッドライトが確認できる。点灯状態のため見えづらいが、内部には水平のLEDデイタイムランニングライトを備える。また幅の広いグリルと上下二分割されたエアインテークも見えている。

側面では、ショルダーライン、流線型のボディワーク、フラッシュマウントドアハンドル、分厚いCピラーなどが見てとれる。足回りには赤いブレーキキャリパーが見られないため、高性能モデルの「JCW(ジョンクーパーワークス)」ではなさそうだ。

ハイライトを締めくくるのは、より際立つ形状のリアスポイラーと、新設計されたピクセルスタイルのLEDテールライトだ。テールライトは現行モデルの特徴にもなっているユニオンジャックデザインではなく、水平方向のブレーキライトバーと、方向指示器として機能するセンターセクションを備えるものとなっている。

バンパー下部にはエキゾーストパイプが見当たらないが、電気自動車であることを示すステッカーが見当たらないため、隠された配置になっているものと思われる。

キャビン内のダッシュボード中央には、現行型とは異なる突き出た巨大なフローティング・ラウンドスクリーンを配置。円形のタッチスクリーンは、小さなデジタル・インストルメントクラスターと、ヘッドアップディスプレイを操作する。

次期型は、BMW『2シリーズ アクティブツアラー』でデビューした前輪駆動プラットフォーム「FAAR」の進化版を採用。BMW『X1』『X2』第2世代モデルとの兄弟モデルとなり、ICE(内燃機関)をはじめPHEV、およびBEVのパワートレインに対応する。また全長は200mm(7.5~8.0インチ)延長され、4.5m(177インチ)まで拡大し、MINI史上最大のボディサイズとなる。

パワートレインは、幅広いラインアップとなりそうだが、BMW X1とより密接な関係になるとみられ、ICEモデルでは、最高出力244ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを共有。フルエレクトリックバージョンでもBMW『iX1』と共有するとみられ、64.7kWhのバッテリーパックを積み、デュアルモーターの全輪駆動システムに電力を供給、最高出力313ps、最大トルク494Nmを発揮すると思われる。

ユニオンジャックは廃止!? MINI史上最大となる次期型『クロスオーバー』大きく変わるその表情

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top