50年振り復活のポルシェ『911 ST』、実質的911 Rの後継モデルに! | Spyder7(スパイダーセブン)

50年振り復活のポルシェ『911 ST』、実質的911 Rの後継モデルに!

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 ST 市販型プロトタイプ スクープ写真

ポルシェが展開する「ヘリテージモデル」プロジェクト、その第三弾となる『911 ST』の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

ポルシェ911は、992世代が発表されてから4年が経過。改良新型の開発に着手しているが、同時にいくつかの派生モデルの開発も進行しており、911 STはその一台。

911 STは、1970年台にレースカーとして誕生。当時911史上最軽量モデルを目標に、わずか24台のみが製造された幻のモデルで、約50年振りにそのネーミングが復活する。ヘリテージシリーズでは、第一弾となる「911タルガ4S ヘリテージデザインエディション」、第二弾「911スポーツクラシック」に続く第三弾となる。

スポーツクラシックとSTは、どちらもマニュアルトランスミッションを備えているが、その性格は大きく異なる。エクステリアではダブルバブルルーフを共有するも、スポーツクラシックが屈強な911ターボパワートレインを採用する代わりに、STでは最高出力525ps、最大トルク469Nmを発揮する4.0リットル自然吸気フラット6を『911GT3 RS』から採用することが濃厚だ。そのため実質的には、2016年に同じく50年ぶりに復活した『911 R』の後継モデルと言って良さそうだ。

豪雪のフィンランド山中で捉えたプロトタイプは、GT3のフードベント、中央には大型エアインテークを備えたボックス型のバンパー、スラッシュカットのカーボンドア、RS同様のフロントフェンダー、足回りにはセンターロックホイールが装着されている。

リアエンドでは、ブレーキランプの向かって左、エンジンカバーのメッシュに奇妙な黒い円が確認できる。恐らく、911スポーツクラシックのエンブレムに似た、ポルシェヘリテージロゴが設置されている可能性がありそうだ。また、スポーツクラシックに見られるレトロなダックテールスポイラーは見られないが、オリジナルSTにも装備されていないため、現代版でも装着されることはなさそうだ。

2023年内のワールドプレミアが予想されている911 ST。50年前のオリジナルは限定24台だったが、復刻版STはスポーツクラシックの2500台に対し、1200台以上が発売される可能性がありそうだ。

50年ぶり復活の幻のポルシェ『911 ST』、スポーツクラシックとの違いとは

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top