VW ティグアン次期型と多くを共有...シュコダ『コディアック』次世代型、初のPHEV導入へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

VW ティグアン次期型と多くを共有...シュコダ『コディアック』次世代型、初のPHEV導入へ!

自動車 新車スクープ
シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次世代型 プロトタイプ スクープ写真

シュコダの人気クロスオーバーSUV、『コディアック』次世代型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

初代となる現行型コディアックは、2016年に発売。プラットフォームにはVWグループの「MQB」を採用、「ティグアン」と同一のホイールベースを持ち、2列3人乗りと3列7人乗りのシートレイアウトが提供されている。2021年に大幅改良が執行され94,500台を販売、長年人気のあるオクタヴィアと小さなカミック クロスオーバーに次ぐ人気モデル成長している。

次世代型がプロトタイプは、昨年9月にも捉えているが、市販型ボディはこれが初めてだ。

フロントエンドでは、グリルが少し高い位置に修正されているほか、デュアルヘッドライトを継承していることがわかる。またその下にはスリムで垂直のコーナーエアインテークを配置、下部グリルには六角ハニカムメッシュが入っている。

現行型と比較して顕著な違いは、ドアハンドル上部にあったキャラクターラインが消えていることだろう。フロントフェンダーからテールライトまで、両側のドアを通過する横のキャラクターラインは、カミックからコディアックまですべてに見られるシュコダモデルの特徴だ。しかしプロトタイプは昨年公開された「シュコダ ビジョン7Sコンセプト」でプレビューされたように、側面がより滑らかに処理されている。ただし7Sコンセプトのようなフラッシュドアハンドルは採用されていないことがわかる。

リアエンドでも多くのカモフラージュを施しているが、新設計されたテールライトの一部が露出、リアハッチのステップアウトセクションと統合していることがわかる。またエキゾーストパイプは隠されている様子が伺える。

次世代型では、VWグループの「MQB」プラットフォームの進化系を採用、「ティグアン」次期型と多くのコンポーネントを共有するとみられる。パワートレインは、48Vマイルドハイブリッドのほか、最高出力272psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたPHEVモデルも初めて導入される。

コディアック次世代型のワールドプレミアは、2024年のどこかに予定されているが、マイクロチップや半導体の不足状況が正常に戻るかどうかにかかっていると言っていいだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top