クプラブランドのベストセラークーペSUV、『フォーメンター』が初の大幅改良へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

クプラブランドのベストセラークーペSUV、『フォーメンター』が初の大幅改良へ!

自動車 新車スクープ
クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ フォーメンター 改良新型プロトタイプ スクープ写真

VWグループのクプラは現在、欧州CセグメントのクロスオーバークーペSUV、『フォーメンター』改良新型の開発に着手しているが、そのプロトタイプをカメラが初めて捉えた。

クプラは、セアトのモータースポーツ部門から独立した高性能モデルに特化したブランドだ。初代となる現行フォーメンターは、2019年のジュネーブモーターショーで初公開され、翌2020年に発売、これが初の大幅改良となる。

ニュルとその周辺で捉えたプロトタイプは、どちらもボディ前後をカモフラージュしているが、最近発表された「タバスカン」、「テラマール」、「アーバンレベル」のエクステリアデザインを反映することが予想されている。垂直方向のエアカーテンは持ち越されているように見えるが、3つの三角形のLEDデイタイムランニングライトを組み込んだ、よりスリムなヘッドライトが装備されるはずだ。特にシャープで角張ったラインを持ち、ステップ付きフロントバンパーを採用するミディアムSUV「テラマール」のデザインに大きく依存しそうだ。

キャビン内では、10.25インチのデジタルインストルメントクラスターと12インチのインフォテインメントシステムを装備、ソフトウェアのアップデートがなされるはずだ。またスポーツシート、スポーツステアリングホイール、アンビエントライティングシステムなどがオプションで提供される。

パワートレインは、エントリーレベルに最高出力150psを発揮する1.5リットルTSI4シリンダー、上位には最高出力190ps、最大トルク320Nmを発揮する2.0リットルTSI4シリンダー、最高出力150psを発揮する2.0リットルTDI、最高出力204psを発揮する1.4リッターのTSIエンジンと電気モーター、12.8kWhのバッテリーパックを積むプラグインハイブリッドなど、豊富なラインアップがキャリーオーバーされる。それでも不十分な場合は、最高出力310ps、最大トルク400Nmを発揮する、高性能2.0リットル直列4気筒TSIも提供される。

昨年、フォーメンターは約97,600台を販売、クプラブランドの63.8%を占めるブランドのベストセラーに成長しており、その勢いのまま米国市場への拡大を目論んでいるという。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top