テクノロジーのニュース記事一覧(2 ページ目) | 自動車 | Spyder7(スパイダーセブン)

自動車 テクノロジーニュース記事一覧(2 ページ目)

メルセデスベンツ「MBUX」で給油決済を開始へ!年内に新型 Sクラス から 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ「MBUX」で給油決済を開始へ!年内に新型 Sクラス から

メルセデスベンツ(Mercedes Benz)は3月10日、「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)やスマートフォン向け専用アプリを通じて、ドイツの900を超えるガソリンスタンドでの非接触型決済を開始すると発表した。

ホンダ レジェンド 新型、レベル3自動運転「Honda SENSING Elite」とは? 画像
ニューモデル

ホンダ レジェンド 新型、レベル3自動運転「Honda SENSING Elite」とは?

かねてよりアナウンスされていたレベル3自動運転機能「Honda SENSING Elite」を搭載した新型「レジェンド」が5日より発売される。どんな機能なのか、どんな運転が可能なのかを解説する。

BMW「OS7」、史上最大規模の無線アップグレード!アマゾン「アレクサ」を車載化 画像
テクノロジー

BMW「OS7」、史上最大規模の無線アップグレード!アマゾン「アレクサ」を車載化

◆車内からスマートホームデバイスを制御可能に ◆サーキットでの運転スキル向上を支援する「BMW M ラップタイマー」 ◆My BMWアプリで画像とプロファイルを簡単に同期可能に

米トヨタのピックアップトラック『タコマ』、「TRDリフトキット」設定...オフロード性能を追求! 画像
テクノロジー

米トヨタのピックアップトラック『タコマ』、「TRDリフトキット」設定...オフロード性能を追求!

◆先進運転支援システム「トヨタ・セーフティ・センスP」を標準装備 ◆フロントで最大51mm車高をアップ ◆トヨタ・セーフティ・センスPとの互換性が検証されている唯一のキット

BMWは車内で最新ニュースが読み上げられる!新たなデジタルサービス開始へ 画像
テクノロジー

BMWは車内で最新ニュースが読み上げられる!新たなデジタルサービス開始へ

BMWは1月27日、欧州向けの「BMWオペレーティングシステム7.0」搭載車に、2021年4月から新たなデジタルサービスを導入すると発表した。

2021年後半発売予定...BMWの新型EV『iX』、Appleと共同開発の「デジタルキー・プラス」初採用へ! 画像
テクノロジー

2021年後半発売予定...BMWの新型EV『iX』、Appleと共同開発の「デジタルキー・プラス」初採用へ!

◆iPhoneの電池残量が低下してもデジタルキーは最大5時間機能 ◆BMW デジタルキー・プラスでは「リレーアタック」が不可能に ◆1回の充電での航続は600km以上

2021もHKSが進化する...ゴルフシャフトでGRスープラを補強、GRヤリスのストリート仕様も登場! 画像
テクノロジー

2021もHKSが進化する...ゴルフシャフトでGRスープラを補強、GRヤリスのストリート仕様も登場!

◆人気モデルを中心にチューニングがスタート! 足回り、エアロキット、タービンなど続々登場予定の新製品に注目

自動運転のスープラ がドリフト!トヨタ、プロドライバーの技術に触発された研究を開始 画像
テクノロジー

自動運転のスープラ がドリフト!トヨタ、プロドライバーの技術に触発された研究を開始

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(Toyota Research Institute)は1月14日、プロのドリフトドライバーの技術に触発された研究を開始した、と発表した。自動運転技術に人工知能(AI)アルゴリズムを組み合わせることを目指している。

BMWが次世代「iDrive」をちょい見せ!正式発表は2021年後半 画像
テクノロジー

BMWが次世代「iDrive」をちょい見せ!正式発表は2021年後半

◆2001年に7シリーズに初搭載されたBMW iDrive ◆iDrive同様のシステムが業界標準に ◆次世代iDriveは車とドライバーの関係を新しいレベルに引き上げる

メルセデスベンツ「MBUX」最新仕様、幅141cmの全面ディスプレイでも利用可能に 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ「MBUX」最新仕様、幅141cmの全面ディスプレイでも利用可能に

◆質問に車載ディスプレイと音声アシストが回答 ◆MBUXの最新版「MBUXハイパースクリーン」 ◆ディスプレイの有効面積は2432.11平方cm

メルセデスベンツ「MBUXハイパースクリーン」発表!ディスプレイはダッシュボード全面 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ「MBUXハイパースクリーン」発表!ディスプレイはダッシュボード全面

◆スクリーンの幅は141cm ◆AIによって20以上の機能を自動的に提供 ◆段差の場所を記憶しMBUXが車高を持ち上げることを提案

EV停車位置まで自立移動...VW次世代充電ロボット発表! 画像
テクノロジー

EV停車位置まで自立移動...VW次世代充電ロボット発表!

電池を搭載したロボットがEVの停車位置まで移動、EVに充電する。EVはどこに止めてもよい…。フォルクスワーゲン・グループ・コンポーネンツ社が12月28日、「モバイル充電器ロボット」のプロトタイプを発表した。

VW、ARヘッドアップディスプレイ開発!欧州向けEVに設定 画像
テクノロジー

VW、ARヘッドアップディスプレイ開発!欧州向けEVに設定

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は12月17日、新開発の拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイを、EVの『ID.3』 と『ID.4』 の欧州仕様車に設定すると発表した。この技術を高級車以外の量販車メーカーに採用するのは、フォルクスワーゲンが初という。

メルセデスベンツCクラス対応の12.3インチ・モニターキット登場!コンパクトディスプレイの不満解消 画像
テクノロジー

メルセデスベンツCクラス対応の12.3インチ・モニターキット登場!コンパクトディスプレイの不満解消

メルセデスベンツ『Cクラス』には純正で8インチモニターが搭載されている。オーディオ、映像、ナビや車両情報などを一手にコントロールする機能性が魅力だ。ただし上位モデルと比べて画面がコンパクトなのが気になっているユーザーもいるだろう。

マツダ3 のSKYACTIV-Xエンジンがアップデート!試乗で感じた内燃機関に対するこだわり…松田秀士 画像
テクノロジー

マツダ3 のSKYACTIV-Xエンジンがアップデート!試乗で感じた内燃機関に対するこだわり…松田秀士

◆ソフトウェアの変更で走りはどう変わるのか? ◆低中速の実用域で力強く、かつ扱いやすく進化 ◆より違いを感じたMTモデル ◆ハイブリッド技術と並行した内燃機関の技術革新は必須

レクサス IS 改良新型、アドヴィックスが環境に対応したブレーキパッドを開発! 画像
ニューモデル

レクサス IS 改良新型、アドヴィックスが環境に対応したブレーキパッドを開発!

アドヴィックスは11月6日、ブレーキ摩擦で発生するダスト(粉塵)を大幅に低減したブレーキパッドを開発したと発表した。新開発ブレーキパッドはトヨタ自動車の改良新型レクサス『IS』に採用された。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 2 of 43
page top