テクノロジーのニュース記事一覧(3 ページ目) | 自動車 | Spyder7(スパイダーセブン)

自動車 テクノロジーニュース記事一覧(3 ページ目)

BMWが次世代「iDrive」をちょい見せ!正式発表は2021年後半 画像
テクノロジー

BMWが次世代「iDrive」をちょい見せ!正式発表は2021年後半

◆2001年に7シリーズに初搭載されたBMW iDrive ◆iDrive同様のシステムが業界標準に ◆次世代iDriveは車とドライバーの関係を新しいレベルに引き上げる

メルセデスベンツ「MBUX」最新仕様、幅141cmの全面ディスプレイでも利用可能に 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ「MBUX」最新仕様、幅141cmの全面ディスプレイでも利用可能に

◆質問に車載ディスプレイと音声アシストが回答 ◆MBUXの最新版「MBUXハイパースクリーン」 ◆ディスプレイの有効面積は2432.11平方cm

メルセデスベンツ「MBUXハイパースクリーン」発表!ディスプレイはダッシュボード全面 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ「MBUXハイパースクリーン」発表!ディスプレイはダッシュボード全面

◆スクリーンの幅は141cm ◆AIによって20以上の機能を自動的に提供 ◆段差の場所を記憶しMBUXが車高を持ち上げることを提案

EV停車位置まで自立移動...VW次世代充電ロボット発表! 画像
テクノロジー

EV停車位置まで自立移動...VW次世代充電ロボット発表!

電池を搭載したロボットがEVの停車位置まで移動、EVに充電する。EVはどこに止めてもよい…。フォルクスワーゲン・グループ・コンポーネンツ社が12月28日、「モバイル充電器ロボット」のプロトタイプを発表した。

VW、ARヘッドアップディスプレイ開発!欧州向けEVに設定 画像
テクノロジー

VW、ARヘッドアップディスプレイ開発!欧州向けEVに設定

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は12月17日、新開発の拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイを、EVの『ID.3』 と『ID.4』 の欧州仕様車に設定すると発表した。この技術を高級車以外の量販車メーカーに採用するのは、フォルクスワーゲンが初という。

メルセデスベンツCクラス対応の12.3インチ・モニターキット登場!コンパクトディスプレイの不満解消 画像
テクノロジー

メルセデスベンツCクラス対応の12.3インチ・モニターキット登場!コンパクトディスプレイの不満解消

メルセデスベンツ『Cクラス』には純正で8インチモニターが搭載されている。オーディオ、映像、ナビや車両情報などを一手にコントロールする機能性が魅力だ。ただし上位モデルと比べて画面がコンパクトなのが気になっているユーザーもいるだろう。

マツダ3 のSKYACTIV-Xエンジンがアップデート!試乗で感じた内燃機関に対するこだわり…松田秀士 画像
テクノロジー

マツダ3 のSKYACTIV-Xエンジンがアップデート!試乗で感じた内燃機関に対するこだわり…松田秀士

◆ソフトウェアの変更で走りはどう変わるのか? ◆低中速の実用域で力強く、かつ扱いやすく進化 ◆より違いを感じたMTモデル ◆ハイブリッド技術と並行した内燃機関の技術革新は必須

レクサス IS 改良新型、アドヴィックスが環境に対応したブレーキパッドを開発! 画像
ニューモデル

レクサス IS 改良新型、アドヴィックスが環境に対応したブレーキパッドを開発!

アドヴィックスは11月6日、ブレーキ摩擦で発生するダスト(粉塵)を大幅に低減したブレーキパッドを開発したと発表した。新開発ブレーキパッドはトヨタ自動車の改良新型レクサス『IS』に採用された。

[動画]BMW オペレーティングシステム7、新機能が利用可能になる!世界規模で無線更新へ 画像
テクノロジー

[動画]BMW オペレーティングシステム7、新機能が利用可能になる!世界規模で無線更新へ

◆クラウドベースの「BMWマップス」 ◆Google「Android Auto」も利用可能に ◆進化したBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント

キャデラック『GT4-V』『CT5-V』2021年型、第4世代の「マグネティック・ライドコントロール」を搭載へ! 画像
テクノロジー

キャデラック『GT4-V』『CT5-V』2021年型、第4世代の「マグネティック・ライドコントロール」を搭載へ!

◆キャデラック独自の磁性流体を使ったダンパー ◆現行の第3世代に対してダンピングレスポンスは最大45%高速化 ◆キャデラックの小型&中型スポーツセダンに採用

日産 ローグ 新型、2021年から10車種で「セーフティシールド360」標準装備へ! 画像
ニューモデル

日産 ローグ 新型、2021年から10車種で「セーフティシールド360」標準装備へ!

新型『ローグ』(先代は日本名:『エクストレイル』に相当)は、先進運転支援システム(ADAS)の「日産セーフティシールド360」が標準設定だ。日産自動車(Nissan)の米国部門は10月19日、2021年から標準装備として10車種に展開されると発表した。

メルセデスベンツの次世代EV、複数の人工サウンドを開発中!デジタル走行サウンド発生システムを搭載へ 画像
テクノロジー

メルセデスベンツの次世代EV、複数の人工サウンドを開発中!デジタル走行サウンド発生システムを搭載へ

◆新型SクラスのEVに相当するEQSから採用へ ◆センターディスプレイのメニューで音の切り替えが可能に ◆充電プラグの接続が完了した時のサウンドも開発

[動画]アウディ『e-tron GT』にデジタル走行サウンド搭載へ!EVカー新時代 画像
テクノロジー

[動画]アウディ『e-tron GT』にデジタル走行サウンド搭載へ!EVカー新時代

◆バイオリンやギターなどあらゆる楽器をテスト ◆ドライブシステムの働きをリアルに伝える音が目標 ◆刺激的なサウンドを発する「サウンドパッケージ」

2021年後半、テスラ モデルS に最強グレード「プレイド」設定が確実に!3モーターで1100馬力 画像
モーターショー

2021年後半、テスラ モデルS に最強グレード「プレイド」設定が確実に!3モーターで1100馬力

テスラは9月23日、『モデルS』に最強グレードの「プラッド」(Tesla Model S Plaid)を設定し、2021年後半、米国市場で発売すると発表した。

LED発光エンブレム、豊田合成が開発!東風汽車の新ブランド「VOYAH」に搭載予定 画像
テクノロジー

LED発光エンブレム、豊田合成が開発!東風汽車の新ブランド「VOYAH」に搭載予定

豊田合成は、車のフロントを彩る「LED発光エンブレム」を開発したと発表。本製品は、中国・東風汽車が電気自動車(EV)を中心に展開する新たな高級車ブランド「VOYAH」から2021年以降に発売される複数の車種に搭載される予定だ。

BMW、…今夏生産車からグーグル「Android Auto」採用へ! 画像
ニューモデル

BMW、…今夏生産車からグーグル「Android Auto」採用へ!

BMWは、今夏から生産するモデルに、グーグル(Google)の「Android Auto」を採用すると発表した。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 3 of 44
page top