マツダニュースまとめ | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダに関するニュースまとめ一覧

マツダ CX-30 新型試乗!燃費&乗り心地をアップデート、ドライバビリティにネガはなし…斎藤聡 画像
自動車

マツダ CX-30 新型試乗!燃費&乗り心地をアップデート、ドライバビリティにネガはなし…斎藤聡

マツダ『CX-30』が、昨年12月の年次改良に続き4月に一部商品改良を受けた。SKYACTIV-Xエンジンの排ガス性能と燃費を改善すると共に、フロント及びリヤダンパーの特性を見直し、乗り心地の改善も図られている。

マツダ MX-30 EV 新型試乗!電池の総電力量を抑えたのには理由がある…渡辺陽一郎 画像
自動車

マツダ MX-30 EV 新型試乗!電池の総電力量を抑えたのには理由がある…渡辺陽一郎

マツダ『MX-30』は「従来の(パターン化された)マツダ車には満足できないお客様を振り向かせたい」という考え方に基づいて企画された。従って基本部分を『CX-30』と共通化しながら、従来のマツダ車とは違うリラックス感覚が伴う。

マツダの電動化戦略...ロータリーはREXとHVの可能性+EV専用プラットフォームを25年市場投入! 画像
自動車

マツダの電動化戦略...ロータリーはREXとHVの可能性+EV専用プラットフォームを25年市場投入!

マツダの中期技術・商品説明会で、ロータリーエンジン搭載車両についての言及があった。ともに電動化車両としての搭載だが、現時点での確認事項を整理する。

マツダ MX-30 EV 新型試乗!ハンドルにアクセル、レバーでブレーキ、自操車にEVを選んだ理由…丸山誠 画像
自動車

マツダ MX-30 EV 新型試乗!ハンドルにアクセル、レバーでブレーキ、自操車にEVを選んだ理由…丸山誠

マツダ『MX-30 EV』(以下MX-30)は、クルマとして優れた乗り心地とハンドリングを実現しているのは、以前インプレッションをお届けしたとおりだ。

「e-SKYACTIV」搭載...マツダ「 CX-30 EV」ワールドプレミア! 画像
自動車

「e-SKYACTIV」搭載...マツダ「 CX-30 EV」ワールドプレミア!

マツダの中国部門は4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2021において、『CX-30 EV』(Mazda CX-30 EV)をワールドプレミアした。

マツダ MX-30 EV 新型試乗!モーターにするだけでこれほど質感が上がるのか…丸山誠 画像
自動車

マツダ MX-30 EV 新型試乗!モーターにするだけでこれほど質感が上がるのか…丸山誠

『MX-30 EV』は、マツダ初の量産EV。これまで『デミオEV』など地道な開発を継続していたことが、ようやく市販車に活かされたわけだ。

マツダ MX-30 EV 新型試乗!EVであることを忘れさせる…島崎七生人 画像
自動車

マツダ MX-30 EV 新型試乗!EVであることを忘れさせる…島崎七生人

マツダ『MX-30』は日本ではMHEV、EVが登場。2022年前半には、現時点で我々に詳細は不明だが「ロータリーエンジンを発電機とする電動化技術を搭載したクルマの投入」(マツダ)を予定しているという。

マツダ『MX-30』にロータリーエンジン搭載へ!レンジエクステンダー 画像
自動車

マツダ『MX-30』にロータリーエンジン搭載へ!レンジエクステンダー

◆PHVやマイルドハイブリッドも追加される予定 ◆EV版のモーターは最大出力144hp ◆最新の魂動デザインにフリースタイルドア

マツダ MX-30 EV 新型試乗!ユーザーの期待は、テスラのようなぶっとび感覚ではない…岩貞るみこ 画像
自動車

マツダ MX-30 EV 新型試乗!ユーザーの期待は、テスラのようなぶっとび感覚ではない…岩貞るみこ

10年後なら、電気自動車はもっと作り方も受け入れ方も違ってくるだろう。でも、今、存在するクルマなのだ。ユーザーが期待しているものも、テスラのようなぶっとんだ感覚ではないはずだ。

マツダ MX-30 新型試乗!“フレンチドア”って呼べばよかったのに…岩貞るみこ 画像
自動車

マツダ MX-30 新型試乗!“フレンチドア”って呼べばよかったのに…岩貞るみこ

“観音開き”なんて使い古された呼び方じゃなく、“フレンチドア”って呼べばよかったのに。冷蔵庫では聞きなれた“フレンチドア”、クルマでも広めてほしかったな。

マツダ2次期型、「SKYACTIV-X」1.5直列3気筒バージョン搭載か...今秋デビューへ!デザイン大予想 画像
自動車

マツダ2次期型、「SKYACTIV-X」1.5直列3気筒バージョン搭載か...今秋デビューへ!デザイン大予想

マツダの欧州Bセグメント・グローバルモデル『マツダ2』次期型に関する最新情報を、スクープサイト「Spyder7」が入手した。最新の「SKYACTIV-X」エンジンを搭載するという次期型の姿に迫る。

マツダ MX-30 EV 新型試乗!マツダ3やCX-30よりも上質、運転感覚はガソリン車のよう…中村孝仁 画像
自動車

マツダ MX-30 EV 新型試乗!マツダ3やCX-30よりも上質、運転感覚はガソリン車のよう…中村孝仁

◆ガソリン車のフィーリングに近いMX-30 EV ◆航続距離の短いBEVをユーザーがどう判定するか ◆『マツダ3』や『CX-30』よりも上質な乗り心地

マツダ MX-30 EV 新型試乗!「走りが退屈?」という心配は杞憂に終わった…片岡英明 画像
自動車

マツダ MX-30 EV 新型試乗!「走りが退屈?」という心配は杞憂に終わった…片岡英明

◆ライフサイクル全体を考えたバッテリー容量 ◆スムーズさと軽やかさが際立つ走り ◆滑らかなパワーフィールが印象的なパドルシフト ◆e-GVC+と低重心が滑らかなコーナリングに貢献 ◆航続距離を考えると街乗り中心の使い方になるが…

マツダ3 SKYACTIV-X 新型試乗!まだまだ道半ば。完成形が楽しみだ…中村孝仁 画像
自動車

マツダ3 SKYACTIV-X 新型試乗!まだまだ道半ば。完成形が楽しみだ…中村孝仁

世界的にCO2削減が叫ばれ、多くの国で電動化したクルマを普及させる施策が発表されている。しかし、物事はそれほど単純ではない。

マツダ3 SKYACTIV-D 新型試乗!バリューにこだわるツーリング派には最適…片岡英明 画像
自動車

マツダ3 SKYACTIV-D 新型試乗!バリューにこだわるツーリング派には最適…片岡英明

◆狙っていた通りに加速していく気持ちよさ ◆小気味よい加速を披露、エンジン音も気にならない ◆今までより正確なハンドリングを披露

[特集写真]マツダ MX-30 EV!意のままの走りは電気自動車だから…航続は256km 画像
自動車

[特集写真]マツダ MX-30 EV!意のままの走りは電気自動車だから…航続は256km

マツダは、同社初の量産電気自動車『MX-30 EV モデル』を1月28日に発売。新世代車両構造技術「SKYACTIV-ビークル アーキテクチャー」や電動化技術「e-SKYACTIV」を採用し、思い通りに操れる走行性能とシームレスで滑らかな挙動を実現した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 24
page top